SOLVEで定義されていない重原子を設定する


SOLVEのデフォルトで使用可能な重原子は以下のものである。

S   Fe  Cu  Se  Ru  Rh  Pd  Te  I   Xe  Sm  Eu  Gd  Tb  Ho
Yb  Hf  Ta  W   Re  Os  Ir  Pt  Au  Hg  Pb  Th  U   Br

上に挙げていない重原子をSOLVEで使用するときは、SOLVEのスクリプト中でnewatomtypeキーワードを用いて設定する。

newatomtype ID
aval a1 a2 a3 a4
bval b1 b2 b3 b4
cval c1
frimv fprime
fpprimv fdoubleprime
newatomtype
重原子の元素名を記述する。
aval, bval, cval
$CLIBD/atomsf.libから検索する。このファイルのフォーマットは以下のようになっている (記号は上述と対応している)。
ID
(atomic weight) (number of electrons) c1
a1 a2 a3 a4
b1 b2 b3 b4
(F' for Cu) (F'' for Cu) (F' for Mo) (F'' for Mo)
frimv, fpprimv
anormalousが必要なときには設定する。値はSasaki TableまたはCCP4のcrossecコマンドから取得する。


Back toX線結晶構造解析関連ソフトウェア使用メモ


松浦 孝範 (MATSUURA Takanori)
t.matsuu%gmail.com (“%” は “@” に置き換えてください)

Valid XHTML 1.1! Valid CSS!